7月15日午前6時半ころ、四日市市小生町の国道477号線新尾平橋西900メートル付近(湯の山街道)でタンクローリーが道路脇に転落し横転した。四日市市消防本部によると、軽油約4キロリットルが漏えいし、回収作業を進めているという。【転落し横転したタンクローリー=四日市市小生町で】

 タンクローリーは道路沿いのガードレールを突き破っていて、運転していた40代の男性がけがをして病院に運ばれたという。消防などは、吸着マットなどで漏れ出した軽油の回収作業を行っている。付近の道路は片側片側交通などで規制され、警察では、事故の状況など調べているという。