姉妹都市米国ロングビーチ市から交換学生と教師 市内の高校など訪問予定

582

 四日市市と姉妹都市として交流する米国ロングビーチ市から交換学生と教師ら計3人が7月21日から8月8日まで同市内に滞在する。小学校教師のエイドリアン・レイイェスさん(46)、高校生のジュン・ウォリックさん(16)、アビゲール・ジョンソンさん(16)の3人で、市内の高校を訪問したり、大四日市まつりに参加し、市民と交流する。【四日市市役所を訪問したトリオの3人=四日市市役所で】

 通称でトリオとして、受け入れと派遣は毎年交互に実施。四日市市の受け入れは今年で27回目となる。3人は7月22日、四日市市役所を訪れ、森智広市長や四日市市議会の中川雅晶副議長らへ自己紹介や滞在中の楽しみなことを話した。

 森市長は四日市市のかぶせ茶やマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」について説明。3人は通訳を通じ、笑顔で話を聞いていた。

 3人は四日市市内の家庭にホームステイの予定。前後半に分けて、1人2家庭に滞在する。また、通訳ボランティアとして市内の高校生を募集。トリオが市内見学をするときに通訳を担当するという。