消費税率などの引き上げが消費に与える影響を緩和しようと、四日市市はプレミアム付商品券を販売開始した。対象は住民税非課税者と、乳幼児のいる子育て世帯の世帯主で、販売は10月1日(火)から20年2月14日(金)まで、利用期間は10月1日から20年2月末まで。申請期限は12月2日(月)消印有効。【プレミアム付き商品券を購入する男性=四日市市安島の「北伊勢上野信用金庫」で】

 対象となるのは、基準日(2019年1月1日)時点で同市の住民基本台帳に登録があり、購入対象者要件に該当する住民税非課税者と、16年4月2日から19年9月30日生まれの子がいる世帯主。1冊5千円分(500円券10枚)を4千円で販売し、対象者1人(子育て世代は対象児童1人)につき5冊まで購入が可能で、販売額2万円で最大2万5千円分が購入できる。

 住民税非課税者には、8月上旬から申請関係書類が順次発送されていて、同封の返信用封筒(料金受取人払)で書類を返送した後、市内にある三重銀行、百五銀行、第三銀行、北伊勢上野信用金庫の店舗で現金で購入できる。16年4月2日から19年9月30日生まれの子がいる世帯主は申請が不要で、購入引換券を9月末に郵送している。ただし、19年8月1日から9月30日までに生まれた子がいる場合は、購入引換券の郵送が10月下旬になる。販売が始まった10月1日、販売する店舗で早速購入する人がいた。

 制度全般や購入対象者要件、申請書の記入方法など、問い合わせは専用ダイヤルTEL059・327・7033、またはFAX059・327・7036で。受付は平日午前9時から午後5時。

 商品券販売時には取扱加盟店舗の一覧を配布する他、四日市市プレミアム付商品券実行委員会ホームページ(http://www.yokkaichi-cci.or.jp)にも掲載している。