「よっかいちの自然」の第2集が発刊 動植物の写真など掲載

441

 四日市市はこのほど、市内の自然環境をまとめた冊子「よっかいちの自然 第2集 河川・湿地・地質」を発刊した。四日市市の概況、河川、湿地に生息する動植物の写真、地質の概況や鉱石などの写真、自然観察マップなどを掲載している。

 
 1994年から1997年にかけて作成された全4集の冊子のリニューアル版で、第1集「丘陵地や山地の林」は発刊済み。冊子はA4判で64ページで構成。自然観察や保護活動に取り組む団体の協力で、写真583点を使用し、季節の多種多様な動植物を掲載。国指定天然記念物「御池沼沢植物群落」、市や県が天然記念物に指定している「シデコブシ群落」、保々地区や楠地区内でのホタル、桜地区の「智積養水」などについての特集もしている。

 教育機関や図書館などで閲覧でき、市ホームページ「かんきょう四日市」でも見ることができる。四日市市役所北館1階の市制情報センターや、市立博物館ミュージアムショップで600円(税込み)で販売している。

 問い合わせは、市環境保全課TEL059-354-8188へ。