ヒアリへの注意掲示で呼び掛け 県内初の確認受け

1276

  四日市港管理組合は、11月21日に四日市港で特定外来生物のヒアリが発見されたことを受け、注意を呼び掛ける貼り紙をしたコーンを霞港公園入口付近に設置した。今後も、関係機関と協力して、周辺施設や港湾関係者への注意喚起を継続していくという。【ヒアリの特徴などを表示した貼り紙=四日市市霞で】

 ヒアリが発見されたのは四日市港霞ケ浦北ふ頭コンテナターミナル内。約20個体が確認されたそうで、中部地方環境事務所が専門家へ種の確認を行って判明した。

 現在は確認された地点の周辺を中心に、目視やトラップの設置を継続。三重県では、環境省や四日市港管理組合などの関係機関と連携し対応していくという。

 ヒアリは体長2~6ミリ程度、攻撃性や毒性が強く、生きた個体は素手触ることは危険だという。四日市港管理組合では、港内の公園などで発見した場合は同組合(059-366-7013)へ連絡するよう呼び掛けている。