110番の適切な利用を呼び掛け 四日市南警察署が啓発活動

740

 四日市南警察署は1月10日、「110番の日」に適切な利用を呼び掛けようと、近鉄四日市駅ふれあいモールで啓発活動をした。通行人や買い物客らが足を止め、署員らによる啓発の寸劇などを見ていた。【110番の適切な利用の説明などがあった寸劇=四日市市安島で】

 三重県警によると、県内では昨年約10万件の110番を受理していて、その内約3割が緊急性のないものだったという。また、四日市南警察署管内では、1万3000件ほどの110番通報があり、約3千件は相談や問い合わせなど、緊急時のものではなかったという。

 寸劇は、「ひったくりにあった」「架空請求のはがきがきた」など、状況別に女性が110番へ通報するという内容。緊急時には、何をどのように伝えることが良いかなどをまとめたパネルを掲げるなどし、見学者に分かりやすく説明していた。三重県警のマスコットキャラクター「ミーポくん」も登場し、注目を集めた。

 寸劇終了後は、チラシを手渡し、「110番の日です」などと声を掛け、相談などの場合は「#9110」へ連絡するよう呼び掛けていた。