専門店「勢玉」に聞く ひな人形豆知識

446

  時代や地域によっても違いがある人形の並べ方や片付け方について、人形と結納の専門店「勢玉」(四日市市川原町)の谷捷平社長に聞いた。

                   ◇

 男びなを向かって左、女びなを右に飾るのが一般的ですが、時代や地域によって逆の場合もあります。日本では古くから、左側が「位が高い」という考え方(左方上位)があり、ひな人形もその並びを踏襲していましたが、現在は皇室でも、天皇陛下が必ず皇后陛下の左側(向かって右側)に立つため、どちらかが正しい、というわけではありません。

 また「ひな人形の片付けが遅れると婚期も遅れる」という迷信もありますが、桃の節句が過ぎ、天気が良く乾燥した日に片付けるのが望ましいです。片付ける際は人形のほこりを払い、和紙に包んでください。防虫剤を入れ過ぎたり、異なる種類の人形を入れると化学反応で変色することもありますので、注意が必要です。

 ひな人形は、我が子の健やかな成長を願うものです。どんな思いで人形を選んだか、親子で話しながら一緒に飾ってほしいと思います。