「きららのおひなさま」 湯の山温泉3月3日まで

549

 江戸から平成まで、時代を映すおひなさまを楽しみませんか――。菰野町の湯の山温泉の各所では3月3日(火)まで、ひな人形展「きららのおひなさま」が開かれている。【ひな人形を整える鹿の湯ホテルの従業員=菰野町菰野で】

 春の風物詩として親しまれ、この時期には毎年楽しみに温泉街を訪れる人もいるほど。温泉街の旅館や御在所ロープウエイ、温泉協会前の涙橋ギャラリーなど計11か所に、家庭で飾られなくなった七段飾り、陶びな、手作りの吊るしびななどが飾られている。

 鹿の湯ホテル(同町菰野)では、結婚に伴って関東から移ってきた人たちから寄せられた、100年前の人形を展示。関東大震災の被害を免れたが、時を経て三人官女は古くなり、和紙製の人形が代わりを務めている。時代の荒波を乗り越え、歴史を感じる人形だ。

 宿泊・食事などの施設利用者でなくても、声を掛ければ自由に見学できる。湯の山温泉協会の担当者は「人形と一緒に子どもの写真も出てくることがあり、成長を願う気持ちが伝わってくる。美しいおひなさまを見て、温泉でゆっくりしていってほしい」と話した。

 問い合わせは同協会TEL059-392-2115まで。