三重県在住の40代男性が感染 中部空港検疫所で確認

2041

 厚生労働省は3月4日、中部空港検疫所でウイルス検査を行った三重県在住の40代男性が新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表した。男性は愛知県内の医療機関に搬送されたという。

 発表によると、男性は2月16日に日本を出発し、ベトナム、カンボジア、フィリピンに渡航したあと2月28日に再びカンボジアへ移動。3月4日にベトナムを経由して帰国したという。

 厚生労働省によると、男性は2月21日に体熱感があり、3月2日にたん、息苦しさを自覚。3月3日に現地の病院を受診するも経過観察となった。中部空港に到着後、検疫所の健康相談室で胸部全体の痛みを訴えるなどしていた。検疫所の医師が診察し、新型コロナウイルス感染の疑いがあると判断しPCR検査をしたところ、陽性反応が出たという。