伊賀保健所管内在住の30代女性 県内2例目の新型コロナウイルス陽性確認

46214

 三重県は3月10日、伊賀保健所管内に住む30代の女性が、国内で感染の拡大が報告されている新型コロナウイルス感染症のPCR検査の結果、陽性だったと発表した。県内では2例目で、女性は複数の感染者が確認されている大阪市内のライブハウスイベント(Soap opera classics Umeda)に近親者が参加していて、濃厚接触があったという。

 発表によると、女性は3月2日に37.1度の発熱があり、翌3日に37.7度の発熱で医療機関を受診。インフルエンザ検査で陰性だった。同4日に39.7度の発熱及び咳症状あり、医療機関Aを再受診、インフルエンザ陰性、血液検査にて炎症反応なし、胸部レントゲンにて右下肺に陰影があり、解熱剤などが処方された。同5日には37度台まで熱が下がったが、せきが続いたため、同8日に帰国者・接触者相談センター(伊賀保健所)に相談。同9日に帰国者・接触者外来を受診し、疑似症としてPCR検査のため検体を採取し、女性は自宅待機に。同10日に、県保健環境研究所のPCR検査により陽性が確認されたという。

 女性の近親者が、2月24日にライブハウスでのイベントに参加、近親者は無症状。県では、女性を除き大阪市内でのライブハウスイベント参加者4人にPCR検査を実施、結果は、全て陰性だったという。