後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置設置 四日市市が補助制度を開始

977

 四日市市は4月1日、高齢ドライバーのペダル踏み間違いによる事故の防止対策として、後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置設置にかかる補助金制度を創設、受付を開始した。期間は2021年3月31日まで。

 対象は今年度中に65歳以上になる人で、市内に住所を有し、有効な自動車運転免許を保有している人。市税を滞納していないこと、過去に同制度を含む同様の補助制度の交付を受けていないことなどが条件となる。

補助額は装置の購入、設置費用の一部に対し上限6万円。補助金申請の手続きは後付け装置取扱事業者の市内店舗でする。支払いは、補助金を除いた額が必要となる。

 問い合わせは、都市整備部道路管理課TEL059-354-8154へ。対応時間は年末年始、祝日は除く、月曜から金曜の午前8時半から午後5時15分まで。