新型コロナ 津、桑名などで新たに6人感染 県内32例に

3178

 三重県は4月17日、津市、桑名市などに住む未就学児から60代までの男女計6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は32例となった。

 発表によると、新たに感染がわかった桑名市の30代の女性歯科衛生士は、15日に感染が判明した女性歯科医師と同じ同市の「ハート歯科」に勤務し、濃厚接触者として検査を受けていたが、症状はなかった。4、6日から8日、13、14日に出勤し、診察中はマスクを着用していたという。

 愛知県に住む大学生10代男性は、6日に尾鷲市の実家に帰省。8日に37・2度の微熱があり、16日まで発熱やせきの症状が続いたためPCR検査を受け、17日に陽性と判明した。帰省後は外出していないという。

 また、15日に感染が判明した津市の30代男性の接触者調査で、同居している10歳未満の女児2人と、別居している市内の60代男女の計4人が陽性と判明した。女児は男性の娘で、60代男女は両親。