宿泊予約延期への協力 1人泊あたり6千円支給

445

   三重県は4月20日、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ゴールデンウィーク期間中の宿泊予約者に、予約延期の依頼をするなどした宿泊事業者へ協力金を交付すると発表した。

 支給額はGWからの予約の先延ばしやキャンセルした件数で、1人泊あたり6千円、1施設あたり12万円が上限。対象事業者は、4月25日から5月6日までの間の宿泊予約者に対し、施設の営業休止や営業規模の縮小などの理由で、宿泊予約の延期やキャンセルを行った旅館やホテルなどの宿泊事業者。対象要件は4月25日から5月6日中に宿泊予定者へ、予約の先延ばしや宿泊日変更の調整をすること、営業休止や営業規模の縮小などの理由でキャンセルをした場合も含まれる。また、4月25日以前に開業し、営業の実態が事業者であることも要件となっている。

 申請手続き等詳細については、後日公表されるという。協力事業者は施設名や屋号を三重県のホームページへ掲載する。相談窓口は三重県雇用経済部観光局内に設置され、4月21日午前9時から5月22日まで開設。電話番号はTEL059-224-2520で、5月5日までは毎日午前9時から午後5時、5月6日以降は平日のみの対応となる。