新型コロナ 四日市市の男性3人陽性 死亡男性の濃厚接触者

1184

   4月16、18日に新型コロナウイルスへの感染が確認された四日市市の男性2人(うち1人は15日に死亡)の接触者調査を実施している四日市市保健所は20日、PCR検査の結果、同じ会社に勤務する7人のうち、30、40、50代の男性計3人が陽性と判明したと発表した。県内での感染はそれぞれ37、38、39例目。

 発表によると、新たに感染がわかった3人は、17日以降は自宅待機しており、30、40代男性は症状が無く、50代男性は少しせきの症状があるという。現在は県内の指定医療機関への入院調整中。20日にPCR検査を実施した4人は陰性だった。

 同保健所と三重県では今後、同じ勤務先の濃厚接触者11人のうち、残る4人のPCR検査を実施し、健康観察を行っていく見通し。