新型コロナ 松阪市在住の消防職員が3回目検査で陽性 県内45例目

2278

  三重県は4月24日、松阪市在住で松阪中消防署に勤務する消防職員の40代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内45例目。

 発表によると、男性は13日に38度の発熱があり、18日のPCR検査で陰性。21日にCTを受け、肺炎の症状が確認されたが、22日の検査でも陰性。24日に3回目の検査で陽性と判定された。男性は、夜勤明けの12日朝以降は出勤していないという。