ステイホームを土鍋で楽しんで

950

 四日市の伝統産業「土鍋」などを製造する銀峯陶器(四日市市三ツ谷町)が、食卓で楽しく土鍋を活用してもらおうと「Stay Fun!Project」を立ち上げた。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止で、家庭で食事をする機会が増えていることを受け、土鍋で料理の幅を広げてもらおうというもの。「冬の調理器具」のイメージが強い土鍋だが、季節も料理のジャンルも問わず活用できるという。

 名だたるシェフが家庭でできる土鍋レシピを紹介しており、レシピの最後にはシェフからのメッセージも添えられている。

 今後もメニューを増やしていく予定で、地元の料理人への参加も呼び掛けている。料理人が土鍋を持ち合わせていない場合は、同社が無償提供するという。

 同プロジェクトおよび、レシピ募集について問い合わせは銀峯陶器、電話059-331-2345(土日祝休業)またはEメール(info1@ginpo.co.jp)で。

 特設サイトでも紹介されている。「Stay Fun!Project」特設サイトはコチラ→https://stayfunproject.com/