ビューティージャパン日本大会へ  中村美帆さん東海代表選出

769

四日市市諏訪町の中村美帆さん(32)が、8月27日に東京で行われる「ビューティージャパン日本大会」に、東海エリア代表として出場する。8月17日、報告のため森智広四日市市長を表敬訪問した。

同大会は、見た目の美しさだけでなく内面やキャリア、発信力など女性の総合的な美しさを重視し、美しく社会貢献する女性を発掘することを目的に昨年から始まったもの。
6月に東海大会が行われ300人の中から10名が日本大会に出場する。

中村さんは4歳と2歳の子供を育てながらヨガインストラクターや地産地消のおやつ教室講師などの活動をしている。現在は三重の名産品「かぶせ茶」のカフェインレス商品の開発も手掛けているという。

三重で暮らし始めてかぶせ茶のおいしさを知ったという中村さんは、全国一位の生産量について地元でも知らない人が多いことに驚いた。本戦のスピーチでは「この美味しさを日本全国、そして世界へ広めたい。」との思いを伝える予定だという。


▲日本大会への意気込みを語る中村さん=四日市市役所で

「三重にはまだまだ埋もれた良いものがたくさんある。このままでは生産者も減ってしまいもったいない。なんとか多くの人に知ってもらえるよう考えて行動していきたい」と活動について話すと、森市長は「熱い思いが伝わりました。かぶせ茶について日本大会で話していただけるのはありがたい。」と励ましの言葉をかけた。