東員町で5人新型コロナ感染 松阪の病院看護師も

533

 三重県は8月24日、10歳未満の未就学児から80代の男女10人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。うち9人は既に判明している患者の濃厚接触者だった。県内の感染者は、この日の四日市市発表分(1人)を合わせ延べ353人となった。

 県によると、東員町の5人と桑名市の20代会社員男性の計6人は、22日に陽性が判明した同町50代会社員男性の同居家族4人とバーベキューに参加した知人2人。

 松阪市の20代女性は、済生会松阪総合病院の病棟看護師で、同病院での陽性判明は合わせて4人となった。

 桑名市の10代男子高校生は、22日に陽性が判明した東員町の20代男性が働く障害者支援施設を利用。

 鈴鹿市の80代無職男性は新規感染ルートで、関東から親族の訪問があった。伊勢市の20代会社員男性は大阪府で判明した患者と県内で会っていた。