介護施設利用の80代男性が新型コロナ感染 四日市市

4019

 四日市市は9月30日、同市内の介護施設を利用する80代の男性が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。市内の感染者は延べ88人となった。

 発表によると、男性は四日市市内の介護施設の利用者。新型コロナの感染が確認された菰野町在住の介護職員の50代女性の濃厚接触者として検査を受けた。9月28日に38.6度とせき、たんの症状が出現、市内医療機関で検体を採取し、同29日にPCR検査の結果で陽性が判明、県内の医療機関へ入院した。入院当時は、38.9度の発熱があり、酸素投与を受け、現在は37.2度の発熱で酸素投与を継続している。

 男性は、医療機関の受診以外は施設内で過ごし、現時点で特定されている濃厚接触者は施設職員3人、利用者16人、接触者は施設職員6人となっている。