女性起業家支援スぺースがオープン 地元企業が場所提供

1010

 三重県内で起業をする女性のスタート時の負担軽減やテストマーケティングをすることができるスぺースが四日市市日永西1の「Casa株式会社」(本社四日市市、長谷川元英社長)事務所1階に開設された。三重の女性起業家・企業家ビジネスプラットフォーム【wiz:(ウィズ)】が運用を手掛ける。12月の出展者から本格的に開始、11月22日にはオープンイベントが開かれた。【オープンを記念したテープカット(左から川北代表、長谷川社長、一尾代表)=四日市市日永西1で】

 オープンイベントでは「wiz:」の会員や「ウーマン起業塾よっかいち」の卒業生が出店。新型コロナ感染予防の対策が実施された会場で、来場者は楽しんでいた。地元の民間企業が起業支援のスペースを提供するというのは全国的に珍しいという。

 また、オープニングセレモニーでは「wiz:」の共同代表を務める川北睦子さん、一尾香さんと事務所のスペース提供をするCasa株式会社の長谷川元英社長が記念のテープカットをした。長谷川社長は「何かお役立つことはできないかと考えていました。地域の女性の方がもっと羽ばたける場として利用していただき、思い出の場になれば」と話していた。

 12月は田中えつこさんによるカフェ「Glad Ation(グラデーション)」が出店予定。場所は四日市市日永西1丁目15番8の「Casa mueble(カーサ ムエブレ)」で駐車場あり。