保育園やこども園などへオリジナル絵本寄贈 菰野町のハウスクラフト

911

 新築の注文住宅を手掛ける菰野町のハウスクラフト株式会社(遠藤真二社長)はこのほど、家づくりをテーマにしたオリジナル絵本「ラグモンと森のなかまたち」を制作した。同社のスタジオや展示場に来場する子どもが楽しんでほしいと同社スタッフらが企画、先月上旬から来場者に無料で渡してきた。同社の遠藤社長は6月23日、四日市市へ制作した絵本144冊を寄贈した。【ラグモンと森のなかまたちを手渡す遠藤社長(右)=市総合会館で】

 絵本は「子どもにも家づくりを楽しんでほしい」「地域の子どもたちにも家づくりは楽しいと知ってほしい」などの思いを持った同社が社内でホスピタリティ向上案を募ったところ、「オリジナルの絵本を作る」「お子様にも家づくりを楽しんでほしい」などの声から絵本を作ることになった。絵本は同社のスタジオなどに来場した未就学児にプレゼント。保育士スタッフによる読み聞かせもあるという。

 四日市市へは市内の公立保育園、子ども園、幼稚園、市内の私立保育園、こども園など計72か所に2冊ずつ、144冊が市を通じて寄贈される。贈呈式では、市総合会館3階のこども未来部長室で「ぜひ一人でも多くのお子様の手に渡れば」と遠藤社長が市の担当者へ絵本を手渡した。市からは感謝状が贈られた。