新型コロナワクチン 接種率は34.2パーセント 四日市市

5740

   四日市市は8月26日時点の同市内における新型コロナワクチン接種状況を発表した。同市では、26日に集団接種の予約受付を再開、1万人分の予約を新たに受け付けたが、予定枠はすでに埋まっている。【市内のワクチン接種状況を示すグラフ(市ホームページより)】

 発表によると、8月26日現在、2回目を接種済の人は10万6502人と10万人を超え、接種率は34.2パーセント。1回目に関しては13万5961人で接種率は43.7パーセントとなっている。
 
 国からのワクチン供給状況は8月30日から9月12日の期間は30箱で、3万5100回分の予定。また、9月13日以降の供給は現時点では未定となっている。