デルタ株疑い 新たに86人 新型コロナ変異株

456

 三重県は9月29日、8月下旬から9月下旬に公表済みの新型コロナウイルス感染者の変異株検査で、新たに男女86人から、感染力が強いとされているデルタ株の疑いがある「L452R変異株」が検出され、既に疑いのあった59人(7月下旬から8月下旬公表分)のデルタ株感染が確定したと発表した。

 発表によると、L452R変異株が検出されたのは、10歳未満から80代以上の男性39人と女性47人。県内のL452R変異株の感染者は計3570人となり、アルファ株などを含めた変異株感染者は計4958人。

 今回、陽性が確認された検体については、国立感染症研究所などの機関で詳しい検査を進める。