個性や力強さあふれる作品そろう 防火ポスター・習字 入選者を表彰

1069

   四日市市消防本部(人見実男消防長)と四日市市防火協会(速水正明会長)は四日市市、朝日町、川越町内に通園、通学する園児、児童、生徒を対象に、防火ポスターと防火習字の募集をし、このほど、最優秀賞7作品、優秀賞19作品が決定した。表彰式が11月3日、消防本部2階の防災センターであり、人見消防長が表彰状とメダルを出席した入選者に手渡した。【人見消防庁から表彰状を受け取る入選者=四日市市西新地の市消防本部で】

 防火ポスターには1725作品、防火習字には4638作品の合わせて6363作品の応募があった。1次審査と2次審査を経て、園や小学校、中学校の部などに分け、最優秀賞と優秀賞が決められた。入選作品は来年の防火カレンダーや広報用のポスター、広報車用のマグネットシートに使用されるなど、火災予防広報に広く活用される。

 表彰式では人見消防長が「ポスターは個性的な色使い、習字は力強くバランスの良い作品がそろい、素晴らしかったです。作品を作った時の思いを胸に、火災予防へのご協力をお願いします」などと話していた。

 また、入選作品は秋の火災予防運動(11月9日から15日)に合わせ11月4日(木)から同18日(木)まで、イオンモール北(四日市市富州原町)1階の中央通路イオン銀行前に展示されている。