客引き行為等の防止に関する条例 街頭啓発キャンペーンで周知呼びかけ

423

    四日市市は2016年7月1日から「四日市市客引き行為等の防止に関する条例」を施行した。今年4月には条例が一部改正、それまでは規制対象外だった居酒屋、ガールズバー、スナックなどによる客引き、誘引、客待ちが新たに規制に追加された。条例の周知啓発をしようと、地域住民や四日市南警察署、市は12月9日、合同で合同啓発キャンペーンを同市諏訪栄町の商店街などで行った。【ちらしの入ったポケットティッシュを配りながら通行人らに呼び掛ける森市長ら=四日市市諏訪栄町で】

 街頭啓発には防犯協議会のメンバーや市職員、四日市南警察署員らが参加。四日市の森智広市長も参加し、「街ににぎわいが戻ってきています、このタイミングでクリーンな環境づくりをしていきたい」とキャンペーン参加者に呼び掛けた。

 参加者らは、諏訪公園南入り口付近を出発。のぼりを手に持ち、条例における禁止区域で通行人らにちらしの入ったポケットティッシュを配るなどしていた。