3回目接種率は約9パーセント 新型コロナワクチン 四日市市

1267

 新型コロナワクチンの3回目接種状況について、四日市市は2月17日時点での接種率を発表した。発表によると、同市内で3回目接種済の人は2万8267人で、接種率は対象者の9・08パーセントとなっている。

 3回目接種については、接種日時点で18歳以上の人が対象。2回目接種から原則8か月以上の間隔が必要となるが、同市内では3月以降は、65歳以上の高齢者は6か月以上、その他の対象者は7か月以上の間隔で接種できるよう、準備が進められている。

 また、接種券の発送は、3回目接種月にあたる前月の中旬に発送予定で、発送スケジュールなどについては市ホームページにも掲載している。