しっかり向き合うことを大切に  地域密着型デイサービス「虹」

124

 「介護から自立へ」を目指す「地域密着型デイサービス虹」は、若年認知症、脳卒中の後遺症、パーキンソン病など、重度の人も積極的に受け入れている。正社員を募集中で「やりがいと使命感を持って取り組める」と代表の北原光男さん(68)は話す。

 施設を運営する「こころコアハウス合同会社」では「社会の中で人が幸福であることを発見する、また、幸福を豊かに展開するように応援することを目的として活動します」というメッセージを掲げる。「利用者さんの思い、願いを知ることことから仕事を始める。言葉に耳を傾け、話してもらえる私になることを大事にしています」と北原さん。現在、虹で働くスタッフは未経験だがやりがいを求めて働くようになった人が中心。「何も知らなくても、しっかり指導します。初心者の声も取り上げていくので頑張っていただけます」という。

 同施設で採り入れているのは、「小川心身療法」というもの。心身の「改善」を目指し、脳と心と体の活性化を目的としたプログラムだという。心地良い刺激が得られる運動方法で機能の改善を目指し、以前のような生活を送れるようスタッフ一丸となって取り組んでいる。会話を大事にし、しっかり向き合う。これまでに、通い出した時は笑えなかった人が笑顔で話すようになったり、杖で歩いていた人が杖なしで歩けるようになったこともあるそうです。「『病気になったおかげで心豊かな人生を味わっています』と言ってくださるように願って支援し、利用者様の笑顔でスタッフも元気をもらい、やりがいを感じています」と北原さん。

 就職先を探している中で「こういう仕事がしたくてきました」と感激し、10年以上勤務するスタッフもいるという。「仕事への使命感、やりがい、達成感などを求める方には充実した日々を過ごせる職場だと自信を持っています」と北原さんは笑顔で話していた。

【プロフィール】
北原光男さん(68)
長野県出身。農業大学卒業後、30年農業に従事。介護の仕事を始めたのは50代のころ。

地域密着型デイサービス 「虹」
電話059-392-3881
菰野町千草7045-892 連絡は090-6585-3899へ