プーチン大統領に抗議文送付 四日市市

1512

 四日市市は3月3日、ロシアによるウクライナへの軍事的な侵略、核兵器の使用を示唆する発言に対し、3月3日付で森智広市長名でロシアのプーチン大統領に抗議文を送付したと発表した。抗議文は以下の通り(全文)。

【抗議文】

ロシア連邦大統領
ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン 閣下

日本国三重県四日市市長
森 智広

貴国によるウクライナ侵攻に対する抗議

 貴国がウクライナに対し軍事的な侵略に踏み切り、核兵器の使用を示唆した一連の行為について、四日市市民を代表して、ここに厳重に抗議します。
 
 世界で唯一の核被爆国である我が国にとって、核兵器の廃絶は、国民共通の願望であり、私たち四日市市民は、非核三原則を堅持し、すべての核兵器がこの地球上から廃絶される日が来ることを切望して、昭和60年に「非核平和都市」を宣言しております。

 今回の貴国の行為は、核兵器のない平和な世界の実現を目指す国際社会の努力を踏みにじるものであり、断じて容認できるものではありません。

 ウクライナに対する侵略行為を直ちに中止し、一刻も早く平和的解決への道を探ることを強く求めます。