気象データを活用 スマート農業導入を支援  四日市市

270

 四日市市は総合計画にも掲げた「ロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用したスマート農業導入支援」の一環として、四日市市にある農業センター(赤水町)と茶業振興センターに気象センサーを設置した。【ホームページ上で公開されているデータについて話す森市長=四日市市諏訪町で】

 気温や湿度などの各種栽培に関するデータ収集、集積をし、農作業の効率化・省略化や適切な病害虫の防除について、独自の栽培歴の作成について取り組み、生育の「見える化」を図る。栽培暦では、経験や勘に頼る農業から、詳細な気象データに基づいた農業への転換にを図るツールとして活用することも目指し、熟練の農家のノウハウを新規就農者経験の浅い農業者でも短期間で習得することを可能にし、新規就農者を確保する狙いもあるという。

 定例記者会見で、四日市市の森智広市長は「データを駆使して、新規就農者のサポートをしていきたい」などと話していた。 また、気象データの活用については、市の行う研修会などを通じ、農業者にも方法を学んでもらい、スマート農業の普及を目指すという。

 データは農業者だけでなく、だれでも見ることができるよう、農業センターのホームページ(https://www.city.yokkaichi.mie.jp/farm/)で見ることができる。