市内最高齢者を市長が訪問 106歳吉原としへさん 四日市市

2582

 敬老の日(9月19日)を前に、四日市市の森智広市長が9月8日、同市内で最高齢106歳の吉原としへさんを訪ね、祝状と記念品を渡した。【市内最高齢の吉原さんと森市長(四日市市提供)】

 今年7月23日から市内最高齢者となった吉原さんは、四日市市内の住宅型有料老人ホームで生活。森市長は訪問時に「市内最高齢おめでとうございます。お祝いの品は日永うちわです」と声を掛けた。吉原さんは「ありがとう」と返事をしていた。

 来月に誕生日を迎えるという吉原さん。祝状と記念品を渡す際には、7人の家族も同席したそうで、「来月誕生日を迎えられると107歳ですね」と森市長が話すと、「13日に107歳になります」とうれしそうに話していた。

 市によると、今年8月1日現在、市内で100歳以上の人は、男性13人、女性126人の計139人いるという。