四日市市消防本部のキャラクター「ラブ」、LINEスタンプで配信

977

 三重県の四日市市消防本部は11月1日、消防本部の公式キャラクター「ラブ」のLINEスタンプ配信を始めた。愛らしい犬のキャラクターから消防への関心をもってもらい、火災をなくすことにつなげたいという。スタンプのイラストはすべて職員が描いており、手づくり感も伝わる内容だ。【配信された『ラブ』のLINEスタンプの一部。40種類のイラストがある】

 市消防本部によると、独自にLINEスタンプを配信している消防本部は全国では関西などで8本部あり、東海地方では珍しいという。11月9日から15日までの秋の火災予防運動にも合わせた配信。

 スタンプは、ラブラドールレトリバーの「ラブ」の消防士姿や救急車に乗る姿、風邪をひいてマスクをしている姿、アイスコーヒーのグラスに入ったり、ドーナツを手にしたりの休憩中の姿、お祝いのケーキを頭に乗せた姿などがあり、いろんな場面で使えそう。「おやすみ」「ごめんね」「ありがとう」など、通常の会話のやりとりの中で使える表情も豊富だ。40種類1セットで、50コイン(120円)から購入できるという。

 「ラブ」は2004年度に職員からの募集で生まれ、翌年度の一般公募で名前が決まった。これまでも、火災予防イベントの配布物に印刷されたり、着ぐるみが子どもたちを楽しませたりして、親しまれている。

 

表示できる投稿はありません