四日市から出発 JR貨物に地域限定ラッピング機関車が登場 

9034

 日本貨物鉄道(JR貨物)の東海支社はこのほど、東海地方の物流を支える貨物列車をより多くの人に知ってもらおうと、四日市市と愛知県を走る機関車「DF200形式ディーゼル」の地域限定のラッピング車両の運行を始めた。1月23日にJR貨物四日市駅で出発式が開かれた。【JR貨物四日市駅で披露されたラッピング車両=四日市市本町】

 ラッピング車両は東海地方限定で導入。愛知と三重を結び、公募で決まった「AiーMie」(アイミー)と愛称がつけられた。車体の色は、赤とグレーが全国共通だが、該当する車両は赤とオレンジとなり、四日市市の石油化学工場や名古屋のテレビ塔など地域の景色のシルエットがデザインされている。

 四日市では1月23日から、石油やコンテナなどを運ぶそうで、出発式が四日市市本町のJR貨物四日市駅で開かれた。花岡俊樹支社長は「地域と地域を物流で結んでいる車両。四日市の皆様と一緒に地域を盛り上げていけたら」などとあいさつ。来賓として来場した四日市市の森智広市長は「四日市の街をデザインした機関車が走ることにわくわくしている。物流の拠点があることを改めて認識した」と話していた。

 出発式には、JR四日市駅近くの四日市市立中央保育園の園児らも招待された。司会者から「機関車の名前は覚えましたか」と聞かれ、元気な声で「アイミー」と応えていた。

 貨物の車両は四日市駅に8車両あり、現在は1車両のみだが、今後は全ての車両をラッピングしていくという。同社が主催のイベントで展示するなど、「地域に根付くJR貨物」を発信していくそうだ。