菰野町長選、新顔で元副町長の諸岡高幸さんが現職を破り初当選

11237

 三重県の菰野町長選挙は2月5日投票、即日開票され、新顔で元副町長の諸岡高幸さん(70)が再選をめざした現職の柴田孝之さん(50)を破って初当選した。投票率は51.27%だった。【開票作業をする菰野町の職員ら=菰野町福村】

 

菰野町長選の確定得票

当 諸岡高幸(70) 9567.192

  柴田孝之(50) 7327.807

 

 当選を決めた諸岡さんは「副町長を務めていたとはいえ、事務方であり、私の知名度は低かった。それを後援会のみなさんらが押し上げてくれた」と感謝と喜びを語り、子ども医療費の窓口無料化を進め、企業誘致による雇用と税収の確保に力を尽くすことなど今後への決意を述べた。

 諸岡さんは選挙期間中、南海トラフ地震やゲリラ豪雨などの大規模災害から身を守る地域共助の仕組みづくりなど、安全で安心して過ごせるまちづくりを進めること、子ども医療費の窓口無料化などで子育て支援に力をいれることなどを訴えた。また、菰野インターチェンジ付近の企業誘致、鈴鹿の山々を活かした観光振興に力を入れ、スポーツや芸術文化を支援して元気な街をつくるとも訴えた。

 今年4月の統一地方選に先行しての選挙戦で、投票は町内8カ所で行われた。町議の再選挙及び補欠選挙も投開票され、2人の当選が決まった。