「世界に行くチャンス」BatonTeamGraceが世界選手権代表選考会へ 四日市在住の選手らが意気込み

1538

 あさけプラザ(四日市市下之宮町)を練習拠点に活動するバトントワーリングチーム「Baton Team Grace」(佐久間佳代代表)に所属する選手らが3月24日に静岡県の浜松アリーナで開催される「IBTF世界バトントワーリング選手権大会日本代表選考会」と、同所にて25、26日の「全日本バトントワーリングジュニア選手権大会」に出場する。大会に出場する四日市市内の小学校、中学校に通う選手らが3月17日、四日市市役所を訪れ、森智広市長と四日市市議会の石川善己副議長に大会への意気込みを話した。【バトンを持ってポーズを決める選手ら=四日市市諏訪町】

 市役所を訪問したのは、里遥香さん(富田中2年)、山下莉奈さん(羽津中2年)、藤田陽菜さん(山手中1年)、川村真由花さん(三重平中1年)、里幸奈さん(富田小6年)の5人と代表の佐久間さん。IBTF世界バトントワーリング選手権大会日本代表選考会にはアーティスティックグループの部と、個人の部で藤田さんがスリーバトンで出場する。選手らは「世界に行くチャンスをいただけたので、頑張る」「すてきな演技をします」などと意気込みを話していた。全日本バトントワーリングジュニア選手権大会には、個人の部でスリーバトンに藤田さん、ペアに姉妹の里遥香さん、幸奈さん、ソロスラットに里遥香さん、ダンストワールに里幸奈さん、山下莉奈さんが出場する。

 チームはあさけプラザで練習に励み、いなべ市、桑名市から通う選手もいる。競技会に出場する一方では、大四日市まつりなど地元のイベントにも参加している。森市長は「グループでも、個人でも頑張ってほしい」と話していた。