リーグ改革も視野に今後の健闘誓う、ヴィアティン三重バレーボールが四日市市長を表敬訪問

736

 三重県四日市市を練習拠点にVリーグのディビジョン2で2022-23シーズンを戦ったヴィアティン三重バレーボールの選手らが5月30日、四日市市長を表敬訪問し、今季の成績を報告し、来季への決意を語った。Vリーグは今、大きな変革期にあるといい、チームも選手も、その大波を乗り越えようと意欲を燃やしているという。【森智広市長(中央)に健闘を誓うヴィアティン三重バレーボールのみなさん。市長の左が森垣拓真選手、同右が鳴海宏太選手=四日市市役所】

 市役所を訪れたのは、ヴィアティン三重ファミリークラブの椎葉誠・常務取締役、ヴィアティン三重バレーボールの中尾聡・ゼネラルマネージャー、森垣拓真選手、鳴海宏太選手。椎葉さんが「今季は順位を下げて残念だったが、四日市では多くの観客が応援に来てくれ、声出し応援も戻ってきた」などと感謝を述べた。

 鳴海選手はリーグの新人賞を獲得し、「自信につながる1年になった」と述べた。森垣選手は「リーグは変わっていくが、その中でも頑張ろうという気持ちはみんな一緒」と、過渡期ではあっても、来季を全力で戦う気持ちを語った。

 リーグ改革は、2024-25シーズンから世界最高峰リーグをめざす「S.V.リーグ」を新設し、これまでのようなV1、V2、V3のリーグ間で入れ替え戦をするようなシステムではなくなるという。トップリーグの「S.V.リーグ」のチームは、勝ち負けはもちろんだが、売り上げ、集客力、充実したホームスタジアムなど、高水準のビジネス力を求められるようになりそうで、椎葉さんは「今後の改革の動向をにらみながら、私たちのチームがどう対応していくかを検討していく1年になる」と話していた。