鯨船を大きく描いたポスターが完成、四日市の第60回大四日市まつり

2044

 第60回大四日市まつり(8月5、6日)のポスターができあがった。今年は四日市市内に現存する鯨船八艘が勢ぞろいすることが見ものだが、ポスターにも鯨船が大きく描かれ、当日の内容とぴったり合う絵柄になった。【60回目の「還暦祭」をキャッチコピーにしたポスター=四日市観光協会】

 ポスターは、岸和田のだんじり祭など祭礼にかかわるイラストを手掛けている大阪府の「意匠 六覚千手」さんによるもので、2年前、「大入道・こにゅうどうくん」「山車・ネリ」「諏訪太鼓」「獅子舞」の四連ポスターとして発表された作品。(四連にした場合のポスターは一味違う迫力)

 この4連の作品の中から、昨年の「大入道・こにゅうどうくん」に続き、今年は鯨船が大きく描かれた「山車・ネリ」の部分でポスターが作成された。たまたま、今年になって鯨船勢ぞろいの企画が持ち上がり、ぴったりの絵柄になったという。

 各自治会への掲示用(B3大、1100枚)、商店街の各店など(A2大、600枚)、公共施設(B2大、300枚)の計2000枚がすでに配送されており、各地域の自治会などでは、20日ごろから掲示が本格的に広がる予定という。