明日から秋の火災予防週間 市民公園やふれあいモール周辺で防火パレード 四日市市

345

【市民公園を出発するパレードの参加者ら=四日市市安島】

 四日市市防火協会、四日市市消防本部は11月8日、秋の火災予防週間(11月9日から15日)に関連し、同協会の関係者やたいすい保育園、たいすい中央保育園、女子ラグビーチーム「PEARLS」の選手らが約100人が参加し、市民公園(安島)や近鉄四日市駅北口ふれあいモール周辺で防火パレードを行った。

 パレードは消防音楽隊の演奏に合わせ、市民公園を出発。四日市市消防本部のマスコットキャラクター「ラブ」も見守る中、公園を出て、ふれあいモールなどを歩いた。列の先頭には「火の用心」の横断幕、「火災予防運動」と書かれたのぼりを持った参加者が通ると通行人らから注目を集めていた。