「本、読もうぜ」、学校図書の充実にと多額の寄付をした伊藤澄夫さんに紺綬褒章を伝達、四日市市

1034

【紺綬褒章の伝達を受けた伊藤澄夫さん(中央)と、森智広市長、廣瀬琢也教育長ら=四日市市役所】

 三重県四日市市の小中学校に1校10万円ずつ、個人の立場で計590万円を寄付した同市の伊藤製作所会長、伊藤澄夫さん(81)に紺綬褒章が授与され、12月27日、市役所で森智広市長から伝達された。昨年9月の寄付のあと、小学校にはディズニーの物語など、中学校には文学賞受賞作などの購入に充てられたという。

 伊藤さんの紺綬褒章は2度目といい、「飾板」が授与された。同種の褒章を授与された人に贈られ、褒章の帯に付けるものという。森市長は「ご寄付をいただき、小中学校に約3200冊の本をあらたに入れることができました」とお礼を述べた。伊藤さんは、「大谷翔平選手の『野球しようぜ』のグローブが全国で話題だが、規模は違うけれど、私は若い世代に向けての『本、読もうぜ』のメッセージだと思っています」と気持ちを表現した。

 伊藤さんは「私は学校を出てから読書の大切さを感じたが、今の若い人の活字離れはよくない。ぜひ、本を読んでほしい」と話していた。今も業界紙、一般紙、趣味の本まで、活字に触れるようにしているという。日本のものづくりの知識も広く、これまで大学などで経験を伝えてきたことから、中京大学特別栄誉客員教授にもなっている。

紺綬褒章の伝達を受ける伊藤澄夫さん(左)