【ペットと暮らす】 家族の癒し ココちゃん

307

【鈴木さん夫婦とココちゃん=四日市市松本】

 来客があると真っ先にお出迎え、四日市市松本の電気器具の販売などをする「ホーシンド―」の店内で愛嬌を振りまくのはラブラドールレトリバーのココちゃん(7才)。岐阜県中津川市のペットショップのホームぺージを見て、「なぜか惹かれて」という代表の鈴木信昭さんと妻・佐代さんが、車で片道3時間かけ訪問し、その日のうちに家に連れて帰り、鈴木家の一員となった。

 小さいころは本当におてんばで、新聞を破って遊んでいたことも。ただ、飼い出して数カ月後に少し目を離したすきに交通事故に遭ってしまい、尻尾を切断。散歩中にマムシにかまれるなど苦難もあったそうだ。

 家では、リビングにいれば皆になでられるなど、家族の中でまさに癒しの存在。人懐っこさが魅力で、「ココちゃんいる?」と楽しみにする来店者も。

 月に一度はシャンプーもして、素敵な毛並みを保つ。ドッグランにも連れていくが、他の犬を見て、隠れるなど、人見知りならぬ「犬見知り」な部分もあるそうだ。

 家族の中でも、佐代さんの言うことは特に良く聞くそうだ。「いるだけで居心地の良さを作り出してくれる」とココちゃんをなでながら鈴木さん夫妻は話した。