パラグライダーで空から春のサンタクロース、四日市市の水沢で

676

【サンタクロースの赤い服装で着地する宇佐美嘉幸代表=四日市市水沢町宮妻】

 三重県四日市市水沢町宮妻の水沢市民広場(星の広場)付近で4月13日、パラグライダーで空からサンタクロースが飛んでくる「ゴリラ山から春サンタがやって来る」の催しがあった。5人のパイロットが正午ごろから近くの雲母峰(きららみね、通称・ゴリラ山)から飛び立ち、優雅に弧を描きながら降り立ち、地上の子どもたちを楽しませた。

 「遊パークすいざわ・田んぼの楽校」を運営している前田佳男さんが、新生活を始めている子どもたちに何かプレゼントをと企画した。広場の北を着陸場にしている「宮妻パラグライダークラブ」の宇佐美嘉幸代表らがサンタクロースの赤い服装などに身を包み、雲母峰の山頂付近、約875メートル地点から飛んだ。雲母峰はゴリラが横になった姿のようにも見えるため、「ゴリラ山」と呼ばれて親しまれているという。

空を舞うパラグライダー

 春サンタの企画では、居合わせた子どもにサンタたちがお菓子をプレゼントもしている。「遊パークすいざわ」は、5月5日から「みんなの地球を作ろうよ!と茶摘み体験」を数回開く計画。小学4年~中学生と保護者が対象で、問い合わせは前田さん(090-4256-2341)。