ネモフィラの見ごろ近づく、青く染まる「なばなの里」花ひろば

299

【花ひろばを青く染め始めたネモフィラ=桑名市長島町駒江、長島観光開発提供】

 各地でネモフィラの話題が届く季節になり、三重県桑名市長島町の「なばなの里」でも見ごろになってきた。花ひろばでは、チューリップからの入れ替えが進んでおり、この週末前後には一面が青色に染まりそうという。

 運営する長島観光開発によると、約43000平方メートルの広さがある花ひろばに植えられるネモフィラは約100万株。3センチほどの小さな花が咲きそろうと青い絨毯のように一面を覆う。4月中旬から5回目となる「ネモフィラまつり」を開催中で、夜はライトアップもあり、イルミネーションとともに昼とは違う風景に。ネモフィラはゴールデンウィークまで楽しめそうだという。