一時保育などに家事支援も追加、四日市市がニコニコ子育て応援券のサービスを開始

650

【2枚綴りで発行される「よっかいちニコニコ子育て応援券」=四日市市諏訪町】

 第2子以降の出産後の保護者の負担を軽くしようと、三重県四日市市は今年度、これまでの一時保育と病児保育に、あらたに家事支援にも利用できるリニューアル版の保育無料券「よっかいちニコニコ子育て応援券」を発行するサービスを始めた。家事支援まで広げた支援は県内でも珍しいという。

 通称は「ニコニコ券」。四日市で第2子(ニコ)以降の出産をした方が、笑顔(ニコニコ)で子育てができるようにと願いを込めた。各種の子育て支援サービスの利用料が2回まで無料になり、このサービスを利用してリフレッシュしてほしいという。

 対象者は四日市市に住民票があり、現に居住していて、第2子以降の子を出産し、生まれた子の兄・姉(小学生まで)を養育している人。義兄、義姉を含め利用が可能で、ニコニコ券は生まれた子1人について1枚(2枚綴り)の券を交付する。

 あらたにサービスが受けられる家事支援は、居室などの掃除や片付け、衣類の洗濯、買い物の代行など。家事支援は1回あたり9000円(2時間)の利用上限がある。

 利用できる期間は、出産月の12カ月後の月末まで。市こども未来部こども未来課などでは一時保育、病児保育、家庭支援など、利用できる事業所や保育園、病児保育室なども案内している。

 ニコニコ券の利用手順は、市のホームページなどの申請フォームでインターネット申請できるほか、こども未来課や地区市民センターなどでも申請書がある。ニコニコ券が自宅に送られたら、利用したい施設や事業所に連絡し、日時を調整、利用当日、ニコニコ券を渡す。

 ニコニコ券、病児保育、家事支援については市役所のこども未来部こども未来課(059-354-8069)で平日、問い合わせに応じている。一時保育についての問い合わせは各実施園へ。