特殊詐欺被害防止に 広報犬「豆助」出演 四日市南警察署が動画作成

128

【広報犬「豆助」が登場する動画(三重県警公式チャンネル)】

 四日市南警察署はこのほど、特殊詐欺被害防止のために役立ててもらおうと、同署の広報犬、柴犬の豆助が出演する動画「安全安心のまちづくり~警部・柴豆助の事件帳~ サギにあワン!編」を作成した。動画配信サイト「ユーチューブ」の三重県警公式チャンネルで5月10日から配信。広報用に管内の介護施設や金融機関にDVDを配布し放映してもらうなど啓発に力を入れている。

【詐欺の被害に遭う場面をドラマ仕立てにした内容】

 「豆助」は四日市南警察署管内の小山田駐在所にいて、昨年7月1日から広報犬として委嘱を受け、イベントや啓発活動で活躍している。動画では、架空料金請求詐欺など、被害の多い事例を関係者らによる演技でドラマ仕立てで、具体的に表現。場面ごとに対処法や詐欺の内容について、署員による解説もある。

 動画は約14分ほど。同署管内では今年1月から4月にかけ、暫定値として7件約3125万円の被害があったという。同署の担当者は「動画をきっかけに被害防止に役立ててもらえれば」と話していた。動画は(https://www.youtube.com/watch?v=mXM1FqKimJk&t=55s)へ。