三重ホンダヒート、ディビジョン1(D1)残留決める、入れ替え戦第2戦に敗戦も勝ち点で上回る

1129

【密集戦のモールで相手を押し込む三重ホンダヒートのフォワード陣=三重交通Gスポーツの杜鈴鹿】

 ジャパンラグビーリーグワンのディビジョン1(D1)でレギュラーシーズンを11位で終えた三重ホンダヒートは5月25日、D2で2位の豊田自動織機シャトルズ愛知とのD1/D2入れ替え戦第2戦をホームの三重交通Gスポーツの杜鈴鹿で戦った。試合は24対15で敗れたが、第1戦を57対39で勝利し、3トライ差以上での勝ちに与えられる追加1点を得ており、一勝一敗ながら勝ち点で上回り、来季へのD1残留を決めた。

 試合は正午にキックオフ。開始後4分、8分、18分に3連続でトライを豊田自動織機シャトルズ愛知に決められるなど、0対17に点差を広げられた。三重ホンダヒートも26分、相手のパスをトム・バンクス選手がインターセプトし、そのままトライするなど7点を返して折り返した。

インターセプトからこの日最初のトライを決めたトム・バンクス選手

 後半は開始後5分に三重ホンダヒートのパブロ・マテーラ選手がトライ。豊田自動織機シャトルズ愛知も17分にトライを奪い、12対24のまま推移したあと、24分に三重ホンダヒートがペナルティゴールで3点を挙げ、15対24で試合を終えた。

 1勝1敗ながら、勝ち点差で来季もD1でプレーすることが決まった三重ホンダヒート。キアラン・クローリーHC(ヘッドコーチ)は「前半からフィジカルで圧倒され、敗戦してしまったことは非常に残念。なんとかD1に残留することができたことをうれしく思います」。古田凌キャプテンは「結果的に来シーズンもD1で戦えるので、今シーズンの経験を生かし。しっかり準備していきたいと思います」とコメントした。この日の来場者数は4230人だった。(記事中の写真は三重ホンダヒート提供)