- Advertisement -

運転免許自主返納支援に交通系ICカード交付、5000円分、年齢制限なし、四日市市が6月から申請受付へ...

 運転免許証を自主的に返納した人を支援するため、四日市市は交通系ICカードを交付する事業を始める。65歳以上の運転者の自主返納に対して始めた市町があるなか、四日市市は今回、三重県では初めて、年齢制限...

変わる中央通り 戦後最大の改造 2年弱で姿は目の前に

 「戦後最大の改造」と呼ぶ人もいる四日市市の中央通り再編は、近鉄四日市駅東の風景が目に見えて変化してきた。核になる新バスターミナル「バスタ」ができる範囲はクスノキなどの緑地帯がすっかり平地に。中央通...

富山環境整備と四日市市が災害廃棄物処理で協定結ぶ、同時被災を避けて課題に対処

 富山市に本社がある株式会社富山環境整備(松浦英樹社長)と三重県四日市市が4月16日、巨大地震などの被害で生じる災害廃棄物の処理で協定を結んだ。太平洋側と日本海側の離れた両者が手を結ぶことで、同時被...

大学構想推進室など設置、異動は854人、四日市市が組織・機構見直しと定期異動を発表

 三重県四日市市は3月28日、2024年度の組織・機構の見直しと定期人事異動を発表した。組織見直しは、政策推進部政策推進課に「大学構想推進室」を設置、総務部のICT戦略課を「デジタル戦略課」と改称し...

四日市市も帯状疱疹ワクチン公費助成へ、中央道路の車線統合など請負契約案も、29日初日の市議会に提案

 三重県四日市市は8月22日、同29日に初日を迎える市議会に提案する議案などについて説明した。物価高騰対策事業費や帯状疱疹ワクチンの公費助成を始めるためのシステム改修委託費などを含む一般会計補正予算案...

四日市花火大会復活への実験に注文も、四日市市議会の委員会審議

 三重県の四日市市議会は3月4日、委員会での予算案審議などがあり、このうち産業生活常任委員会では、四日市花火大会が復活できるかどうかの実験を新年度に市が実施することに関してやりとりがあった。委員から...

市長PRの婚活支援に賛否、保育園の待機児童が新年度100人の見通し、四日市市議会の委員会審議

 三重県の四日市市議会は3月6日、教育民生常任委員会の予算案などに関する審議があった。森智広市長が記者会見でも打ち上げた婚活支援「四日市マリッジサポート事業」の新年度への継続については賛否があり、多...

一部の調整残し大学基本構想が完成、JR四日市駅前設置の新大学、策定委員会が最後の会議

 JR四日市駅前に大学を設置する計画に専門家が意見を交わした四日市市大学構想策定委員会が3月8日、最後の会議を開き、「四日市市大学設置に係る基本構想」を大筋で了承した。文言など一部の調整をし、年度内...

「新図書館が入る施設、早期の実現を」、商店街の代表ら四日市市に要望

 近鉄四日市駅前の商店街の代表者らが2月19日、駅前に計画されている新図書館が入る拠点施設(新ビル)の整備を早期に実現してほしいと森智広市長に要望書を手渡した。国の「バスタ」整備と市が進める中央通り...

四日市のPFAS汚染考える、専門家もリモート参加して最新状況に見解

 三重県四日市市の「そらんぼ四日市」で2月10日、「四日市市における水質汚染について考えよう~四日市市のPFAS汚染~」が開かれた。市主催の「四日市エコパートナー事業」で、全国で問題になっている有機...
- Advertisement -

SNS

1,867ファンいいね
1,334フォロワーフォロー
3,021フォロワーフォロー

今週のトップ3