四日市市は今年7月31日から8月5日に行われる、四日市市の友好都市や姉妹都市の高校生と環境をテーマに交流する事業「地球環境塾」へ参加を希望する市内に在住、または在学している高校生を募集している。

 同事業の内容は環境問題に関する講義、学習施設や企業等の見学、国際交流や学習成果の発表など。7月31日から8月4日の夜は、国際環境技術移転センター(四日市市桜町3684-11)で、海外の高校生と共に宿泊する。

 応募資格は①学校教育法に定める高等学校に在籍し、市内に在住または在学していること②保護者の同意があること③全日程を通して参加可能であること④環境に関して興味を持っていること⑤友好都市、姉妹都市の生徒と積極的に交流を持つ意思があることなどがあげられている。費用は宿泊費、食費などを含み無料。募集人数は男2人、女2人の計4人を予定。

 希望者は6月1日まで参加申込書、在学証明書および作文を、四日市市環境保全課に直接持参、または郵送(〒510-8601 三重県四日市市諏訪町1番5号)する。

 参加者は、作文により「意欲」「問題意識」「文章表現力」を審査して決定する。 問い合わせは同課TEL059-354-8188へ。