全国大会へ意気込み 冬季開催の全国大会出場高校

1144

 冬季開催の全国高等学校大会に出場する学校の選手や監督らが12月9日、四日市市役所を表敬訪問し、四日市市の森智広市長、四日市市議会の中川雅晶副議長に、全国舞台への意気込みを語った。【大会へ向け意気込む選手ら=四日市市役所で】

  表敬訪問をした学校は次の通り。
・男子第70回全国高等学校駅伝競走大会 四日市工業(16年ぶり17回目)
・女子第31回全国高等学校駅伝競走大会 四日市商業高等学校(5年ぶり7回目)
・第98回全国高等学校サッカー選手権大会 四日市中央工業高等学校(2年連続34回目)
・第99回 全国高等学校ラグビーフットボール大会 朝明高等学校(8年連続10回目)
・ウィンターカップ2019 第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会
【男子】海星高等学校(初出場)
【女子】四日市商業高等学校(3年連続16回目)
・第38回全国高等学校弓道選抜大会 四日市メリノール学院高等学校


 県大会などの様子を選手らから聞いた森市長は「全国でも頑張ってきてください」などと期待を込めた。選手らは「全国では全員駅伝で8位入賞を目指します」(四日市工業陸上部)、「チーム皆が心を一つにして頑張ります」(四日市商業陸上部)、「目標はベスト8。伝統をつなぐ年代であることを自覚して頑張ります」(四中工サッカー部)、「三重県代表として、花園ベスト16を目指します」(朝明高ラグビー部)、「目標は初戦突破です」(海星高バスケットボール部)、「目標はベスト8、上位を目指します」(四日市商業バスケットボール部)、「今までの練習と、東海大会での経験を生かします」(四日市メリノール学院弓道部)とそれぞれ全国大会への意気込みを話していた。