整備進む四日市市総合体育館 ホームページを公開

1356

   四日市市はこのほど、今年5月1日オープンする四日市市総合体育館(四日市市日永東)のホームぺージを公開した。現在、整備を進めている同施設の概要や使用料なども記載されている。【整備が進んでいる四日市市総合体育館=四日市市日永東1で】

 2021年の三重とこわか国体・三重とこわか大会に向けて中央緑地に整備している新しい体育館は、アリーナはバレーボール4面、バスケットボール3面、ハンドボール2面、バドミントン20面などに使えるスペースがあり、3,032席の観覧席と移動観覧席512席が用意される。内装には、木材を使用し、木の温もりを体感できる雰囲気となっている。

 建築面積は1万4,449.19平方メートル、延床面積は1万7,527.50平方メートルで、使用時間は午前9時から午後9時。駐車場は2021年9月からは850台となり、今年4月からは190台、5月からは790台で、10月からは整備のため600台になる。

 ホームページは(https://yokkaichi-so-tai.jp/)へ。また、施設の一般公開は3月を予定している。