経路検索サービス 「おでかけこもの」利用して

882

 スマートフォンやパソコンで、出発地から目的地までの公共交通機関の最適経路を提示し、複数の交通手段などの情報を一括提供するサービス「MaaS(マース)システム」の実証実験が、1月から菰野町で始まった。実験終了後もシステムは継続するため、町では利用を呼び掛けている。【システムの利用を呼び掛ける町職員=菰野町潤田で】

 経路検索サービス「おでかけこもの」では、コミュニティバスや近鉄電車、三重交通バスなど町内の公共交通機関の経路検索ができ、乗り換え案内や所要時間、運賃も表示される。町が事業者に運行を委託している「のりあいタクシー」のインターネット予約も可能で、将来的にはキャッシュレス決済の導入も検討しているという。

 国土交通省が支援する全国19のモデル自治体に選ばれた町では1月、町内5か所で事前登録や利用方法の説明会を開催。スマホの使い方に苦戦した人もいたが、1日14件ほどある同タクシーの予約のうち2件前後がこのシステムを使っているという。

 町では今後も説明会を開き、利用を促進していく方針で、町安全安心対策室の担当者は「いろんな世代の人に利用してほしい」と話している。

 「おでかけこもの」のウェブサイトは(https://www.kotsu.town.komono.mie.jp/

 問い合わせは同室TEL059-391-1102まで。

(2020年2月22日発行 YOUよっかいち第180号掲載)