プラネタリウム3月10日から投影中止 新型コロナウイルス感染症拡大防止

1181

 四日市市は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、一部の市内公共施設の臨時休業や休館、施設内の一部利用停止などに対応している。【投影を中止するプラネタリウムのある四日市市立博物館=四日市市安島1で】

 臨時休館や利用を停止する施設は、四日市市の公式ホームページ(https://www.city.yokkaichi.lg.jp/www/index.html)トップの「緊急速報」に随時掲載している。四日市市立博物館のプラネタリウムは3月10日から同15日まで、投影を中止、5階フロアは閉鎖される。また、同館で3月10日から開催予定だった「第61回北勢地区高等学校美術展」は中止になった。

 3月6日時点で、四日市市立図書館は3月7日から同15日まで学習室、個人学習コーナーの利用を停止。四日市スポーツランドは3月15日まで、全施設の営業を中止し臨時休業している。